FC2ブログ
舳倉島診療日誌
臨床研修を終えたばかりの新米医師が毎年半年交代で赴任する舳倉診療所。温かい島の人々に囲まれてのんびりすごす島の暮らしを綴りたいと思います。
舳倉島のこどもたち
舳倉島には夏の間だけ開く小さな小学校があります。全校生徒は3人。校舎は木造校舎、校舎の前には今では珍しくなった二宮金次郎の像があります。。
IMG_0308.jpg

自分自身が小学校に通っていた頃は、どこの小学校もとっくに鉄筋コンクリートの校舎で、たぶん二宮金次郎の像もどこの学校にもなかったんじゃないかなーと思います。しかし、なぜだか懐かしい・・・と感じる不思議。。舳倉島に来る研修医のみなさんも同じような気持ちになるようです。

(そうじの時間)
IMG_0256.jpg

この島に来たのが7月。分校も同じく7月から開校し、そして今月いっぱいで閉校となりました。(その後は分校ではなく本校に通う)この3ヶ月間、学校が終わる15時頃になると診療所に遊びに来て、患者さんがいない時は港に散歩に行ったり、診療所前の花壇に水やりをしたり、虫取りに連れて行かれたり、たまに「あ〜、これは仕事にならんな…」と思ったりもしながら思い返すと賑やかで楽しい3ヶ月でした。
台風の影響で週末は定期船が来るかあやしかったため、彼らは昨日、輪島に帰っていきました。
003.jpg

ばいばーい
010.jpg

冬休みに島に遊びに行くからねーーー!と言っていましたが、たぶんその頃には約束を忘れていることでしょう(笑)

それから、舳倉島に来た時にいっしょに遊んでくれた研修医の先生方、旅行の方、友人にこの場を借りて感謝します。彼らもいろんな人と出会えて、いっしょに遊べて、とても楽しかったようです。(9月頃になると、診療所に来客=花火が出来る日!と完全にインプットされていました…)

そういうわけで舳倉島は秋になり徐々に島民の方々が輪島に引き上げていく季節となりました。一方で、鳥はなんだか見慣れない鳥が増えて来ています。これからは休みの日はバードウォッチングしてみようかなあ…(前回のブログの時以降は結局あまりしておらず。。)
最後に、今日、窓の外を見たらあんまり見覚えの無い鳥がいたので撮ってみましたので載せます。
名称未設定
名前はわかりません。
初バードウォッチング。
行ってきました。。
しかしいつも鳥を観るつもりもなく散歩したりしている時はけっこう出会うのに、カメラを持って「観よう」と思って歩くとなかなか出会えず。
島の中をうろうろするもなかなか出会えず診療所に帰ると電線の上に鳥が一羽。
DSC00036.jpg
帰ってみて本棚にあった「日本の野鳥」(おそらく代々使われている本なのでしょう)なる本でこれが何の鳥なのかを調べてみると・・・なんか似た鳥が結構いてよくわからない・・・ノジコという鳥に似ているかなあと思いましたが真相はどうなんでしょうか。詳しい方、教えて頂けると助かりますm(_ _)m

夏の終わり
気付けば9月もなかば。少しずつバードウォッチャーが渡り鳥を求めて舳倉島に来島する季節となりました。
夏も終わりですね〜。相変わらず蚊は多いですが全盛期のパワーがないような気もします。。陽もみじかくなりました。
DSC00011.jpg
相変わらず舳倉島で見る夕陽はきれいです。ちなみにこの写真はというと・・・
IMG_0278.jpg
どーーーん。。
某電気店で店員さんの言われるがままに買ったカメラ様で撮ったものです。鳥も撮るかもしれない予定。ちゃんとレンズ交換式のやつですがいまいち使い方がわからず説明書を読んだり、無くして探したりしています。

9月に入りバードウォッチャー以外にもたくさんのかたがたが来島されました。
研修医の田中先生が来島するのとあわせて大学の先生や学生さんたちも来島。。お目当ては・・・
IMG_0215.jpg
最近はアオリイカが季節のようです。小学校の先生が竹竿をつくってくれたりしてここのところ島のこどもたちの中では釣りがちょっとしたブーム。けどこの日は本格的な釣り人たちを前に彼らは「食う専門」になっていました(自分も)。
IMG_0216.jpg
獲ったどーー。そして彼の後ろにはもう一人のハンターが・・・

さて、本日は祝日で診療所もお休み。台風の影響で船は欠航ですが島はいたってよい天気なのでnewカメラを持って初バードウォッチングにいってきます。





プロフィール

shingo takagawa

Author:shingo takagawa
住所 〒928-0072 石川県輪島市海士町所属舳倉島出邑山1-4 舳倉診療所
TEL:0768-22-7500
FAX:0768-22-7509
mail: lovelyhegura@yahoo.co.jp

This blog started in April, 2006. I am the 19th author.



About Hegura island

舳倉島について知りたい方は、カテゴリーの「島内ツアー」をクリックしてください。



カテゴリー



アクセスカウンター



いま見ている人は



最近の記事



過去ログ +

2018年 10月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【26件】
2012年 05月 【27件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【26件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【28件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【9件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【16件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【8件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【9件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【7件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【14件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【11件】
2008年 03月 【25件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【25件】
2007年 12月 【25件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【8件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【11件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【17件】
2006年 08月 【10件】
2006年 07月 【14件】
2006年 06月 【15件】
2006年 05月 【24件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【1件】



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント(記事毎)+



ブログ内検索