FC2ブログ
舳倉島診療日誌
臨床研修を終えたばかりの新米医師が毎年半年交代で赴任する舳倉診療所。温かい島の人々に囲まれてのんびりすごす島の暮らしを綴りたいと思います。
舳倉島ツアー 第20回 ~舳倉診療所~
3月28日。長らく続いた舳倉島ツアーも今回で最終回です。そして、明日離島予定でしたが時化そうなため今日離島することになったので、僕のブログの記事も最後となります。最後に、僕の仕事場、診察室内を覗いて見ましょう。

舳倉島総合開発センター内の1階に診察室はあります。センター内には、診察室の他に保育所・集会室・トレーニングルーム・医師の住居があります。
IMGP9852-Resized.jpg
島では診察の際には白衣を着ません。なので、島を散歩していると観光客かと思われたこともしばしばありました。聴診器がなければ医者には見えません...。
IMGP9819-Resized.jpg
ここ一年で、患者さんの受診記録がパソコン化し、レントゲンの撮影機もフィルムレス化し、デジタルの波が押し寄せてきました。とは言っても、インテーネットはISDNなので、かなり通信スピードは遅いです。この診療所で出来ることは、採血・点滴・心電図・エコー・レントゲンなどです。このエコーの機械にも御世話になりました。
IMGP9842-Resized.jpg


ここで働くことができた半年間はとても有意義でした。楽しかったこと辛かったことなど、思い出はたくさんあり、ここでは語り尽くせないほどです。離島ならではの大変さはもちろんありましたが、初めての離島を満喫し充実した生活を送ることができたと感じています。

島にたった一人の医師として舳倉島に赴任しましたが、医師として未熟者の僕では充分な医療が提供できなかったのではないかと不安も残ります。しかし、島民と生活の場を同じくすることで、人生の先輩方から大切なことを学びました。

「医師は医師である前に一人の人間であり、患者さんも患者である前に一人の人間である」という至極当たり前のことなのですが、病院で働いているだけでは忘れがちな、しかし最も大切なことです。

『病気を治すのではなく、病人を治す』とは、よく言われるのですが、それを実体験できるのは舳倉島ならではのことでしょう。患者さんには各々のライフスタイルがあり、大切な家族があります。一人一人の患者さん・家族の思いを踏まえた上で、治療計画を考えていかなければいけません。

以前病院にいる間も、考えていたと思っていましたが、患者さんの実際の生活に触れ合ってみると、まだまだ考えが及ばず、考えていたつもりになっていたことを痛感しました。

良好な医師―患者関係を保つことは必要ですが、一人の人間として、人―人関係を築いていきたいなと思います。

この舳倉島診療所に勤務した半年間は、医師としても人間としても財産になりました。

半年間 本当にありがとうございました。支えて下さったみなさん、応援して下さったみなさん、全てに感謝です。



ついにやって来た!ヤツガシラ!
3月27日。今日は凪で、朝からいい天気です。7時過ぎにひ~ちゃんがお腹すいて起きたので、僕も起きて、窓に付いた結露を取っていました。

すると、診療所の目の前を見慣れぬ鳥が飛んでいったのです。トサカが付いており、ヤツガシラのようでした。診療が始まる前に、学校や公園の周りを探しに出かけると、まず公園の周りにベニヒワが5-6羽集まっていました。きれいな色のオスです。
IMGP9982-2-Resized.jpg
そして、ふと公園の中を見るとヤツガシラがいるではありませんか。久しぶりの新しい野鳥に僕も妻も興奮気味。たくさん写真を撮ってしまいました。
IMGP0077-2-Resized.jpg
冠羽を立てたところです。変な頭をしていますが、背中の白黒模様が太陽に映えてきれいですね。
IMGP0107-2-Resized.jpg
もうすぐヤツガシラがやって来る時期だとは聞いていましたが、舳倉島に滞在中に来てくれて本当に感激でした。
食品の裏側
3月26日。今日は風は弱く、波も小さいと思っていたのですが、なぜか欠航でした。昨日の波と風でやって来たのに不思議でたまりません。今週で離島生活は終わりなので、荷物や食料などは頼んでおらず、離島当日までは船が来ても来なくてもいのですが。

ここ数日、診療所の屋上で工事しており、壁に穴を開けたり機材を組み立てたりと、1日中騒音に悩まされ、ひ~ちゃんはほとんど昼寝できません。大人だけならどうにでもなりますが、小さい赤ちゃんがいるので、事前に配慮してほしかったです。お陰で機嫌が悪く、離乳食もあまり食べてくれません。体重が減らないか心配です。

昼に外に散歩に連れ出すと、すぐに寝てしまいました。よほど眠かったのでしょう。静かな島の中をバードウォッチングしながらブラブラしました。モズ、カシラダカ、ホオジロ、キジバト、ミヤマホオジロ、ヒガラ、メジロ、ムクドリ、ツバメ、ウグイス、ツグミ、トビなどがいました。
IMGP9957-2-Resized.jpg

この舳倉島で半年間生活していて感じたことがあります。

それは今までの生活がいかにカップラーメンやコンビニ弁当などに頼っていて、大量の添加物・化学調味料に晒されていたということです。

みなさんは、安部司の「食品の裏側―みんな大好きな食品添加物」という本を読んだことがありますか?2年ほど前に発売された本です。その頃は研修医時代で、関東への学会に行った際に機内の暇つぶしとして購入したのがきっかけです。

専門用語もたくさん出てきますが、分かりやすい文章なので一気に読んでしまいました。いくつか紹介すると、先ずは『みりん』です。本来のみりんは蒸し米と焼酎を原料として、米麹で発酵させたもので、アルコール分が13-20%含まれている酒類なのです。当然、酒税法の適用を受けて酒税がかかります。

その酒税を逃れるためには、アルコール含有を1%以下にするか、酒としては飲めないと当局に認めさせなければなりません。そこで考えられたのが、『加塩みりん』です。塩を加えれば、酒としては飲めないので酒税法の適応は受けないという仕組みです。しかし、そのせいで、私たち消費者は余分な塩分を摂取する羽目になりました。

もう一つは、『みりん風調味料』です。原料は、ブドウ糖、水あめ、糖液、生ブドウ糖、コハク酸、化学調味料、カラメルなどで、発酵させないので1-2日間という短期間に作れますが、本来の『みりん』とは全くの別物です。スーパーでよく見かけるのは、9割以上がこの『みりん風調味料』でした。

ちなみに僕らが今使っている『本みりん』の原材料名はもち米、米こうじ、醸造アルコール、糖類で、アルコール分は12.5度以上13.5度未満となっています。

他にもたくさん衝撃的な内容があり、コーヒーフレッシュの中身がミルクではなく植物性油脂であること、三温糖もどきを作るのにカラメル色素を混ぜていること、安いコーヒー牛乳にカラメル色素を混ぜていることなど、『食育』の重要性を痛感させられる内容でした。

それ以来、特に調味料を買う際に原材料名を見るようになりました。

そして、コンビニのない島にいるこの半年間は、島で採れた新鮮な魚介・海藻類をメインに食べてきたので、大量の添加物・化学調味料とはほど遠い生活でした。そんな中でも、体調を崩して自炊出来ないときに3回ほどカップラーメンの封をときました。しかし、食べる度に舌と唇がヒリヒリするのです。今年に入ってからはさらに加速し、以前からよく使用していた鳥ガラスープの素でもヒリヒリするようになりました。

『安い物には訳がある』と言いますが、どうして安いのかは隠され知らされません。今後、ひ~ちゃんがどんどん大きくなり、多くの食材を食べられるようになっていきますが、『食育』をしっかり考え教えていかなければと感じました。

育児について思うこと
3月25日。今日は1年目の研修医が地域医療の一環で、舳倉診療所に来てくれました。日帰りなのでゆっくりはできませんでしたが、その滞在時間中に急患が来られたり、定期薬を取りに来られたりしたので、地域医療を少しは感じることができたことでしょう。

今日もベニヒワ(4-5羽)、ホオジロ、ジョウビタキ、メジロ、ムクドリ、ツグミなどを見ました。

さて、みなさんは仕事と育児、どちらが大変だと思われますか。

舳倉島では診療所の2階に住居があるため、仕事の合間に育児を手伝ってきました。この半年間で感じたことは、育児が思っていたより大変だと言うことです。

家族のために朝から晩まで仕事をして、ストレスと闘い、当直業務を繰り返すのはもちろん偉いことですし、体力も気力も使います。

しかし、育児に関しては四六時中休まる暇がありません。育児の相手は、言葉の通じない赤ちゃんです。世界一わがままな人種です。毎日が当直をしているようで、まとまって寝られることがありません。

『親の心、子知らず』とはよく言ったもので、自分に子供ができて初めて、親の苦労と有り難さが身に沁みました。大学に入って親元を離れたときも感じましたが、その当時とは比較にならないほどです。自分たちを育ててくれた両親への感謝の念が深まり、さらに親としての責任を感じています。

苦労ばかりでは身が持ちませんが、育児に関しては苦労の何倍もの喜びが味わえます。初めて笑った、初めておもちゃに手を伸ばした、初めておもちゃを手に持った、初めておもちゃを持ち替えた、初めて拳を舐めた、初めて寝返りしたなど、初めて尽くしです。その度に新鮮な感動が味わえ、その喜びは倍増していきます。

おもちゃ箱につかまらせて立ったひ~ちゃんです。この状態のまま、箱の中のおもちゃを物色して、手を伸ばします。さらには捕まえた物を後ろに放り投げる始末。
IMGP9851-2-Resized.jpg


医療にも通じるところがあり、診断や治療方法に悩んで試行錯誤を繰り返し、元気になって退院する患者さんの笑顔を見ると、仕事の喜びもひとしおです。

仕事と育児のどちらも大変であり、魅力的です。県や国も少子化対策を謳っていくのなら、育児も一つの仕事として確立・認識させ、しっかりとした育休制度を作り認識させていくべきではないでしょうか。女性が望んだ育休を取ることができないのも問題ありますし、男性の育児休業取得率が0.4%という現状も問題あります。

記事を書いていて思いましたが、『育児休業』という言葉がよくない気がします。休業というと、仕事を休んで何もしない、ブラブラ遊ぶ休みというイメージになってしまいます。赤ちゃんと遊んだことのある人は分かると思いますが、赤ちゃんの相手をするのはかなりの重労働です。世のお母さん方が肩こりや腰痛に悩まされるのも分かります。大人が勝手にゲームなどで遊ぶのとは訳が違います。「家にいて赤ちゃんと遊んでいるだけだろ」などと言う亭主は、自分の赤ちゃんと真正面から向き合っていない証拠です。

育児介護休業法5条では、「労働者は、その養育する一歳に満たない子について、その事業主に申し出ることにより、育児休業をすることができる。」と定め、育児休業することを権利としています。労働者が事業者に対して育児休業を申し出た場合、原則的に受理しなければならない、とされています。

しかし、現状では妻は1年間の育休を申し出ましたが、7ヶ月での復帰を余儀なくされました。法律があったとしても、実際に現場で働く人が割りを食うのがどこの職場でも現状でしょう。法律やシステムの外張りだけ作って、中で動く現場の人間の希望・感情を無視し続けていけば、破綻するのは目に見えています。今の破綻しつつある医療と同じですね。

取り留めない文章で、長くなりましたが、これから先も、家庭を顧みて育児・家事に参加できる父親でありたいと思います。


舳倉島ツアー 第19回 ~謎の建築物たち~
3月24日。今日は朝から雨が降っており、船も欠航でした。まだ明日も時化ているようです。外出できず、住居の中から外を眺めていると、ツバメが飛び回っていました。止まることなく、絶えず飛び回っていたので、いい写真はないですが。
IMGP9951-2-Resized.jpg
尾の付け根辺りが白かったです。
IMGP9938-2-Resized.jpg
今日はツアーの連載です。

舳倉島で標高が最も高い地点である『一等三角点』は、灯台敷地内の建物のすぐ東側にあります。コンクリート舗装された敷地の中にチョッピリ顔を出しているだけなので、注意して見なければ見逃してしまいそうです。
IMGP9301-Resized.jpg

IMGP9302-Resized.jpg

IMGP9303-Resized.jpg
傍に近寄ってよく見ると、確かに「三角」と書いてありました。その三角点のデータは、「標高:12.427M、緯度:37.50.55、経度:136.55.19」です。
IMGP9306-Resized.jpg


『気象庁津波地震検知網 舳倉島観測局』は、診療所の裏手にひっそりと建っています。
IMGP9293-Resized.jpg
地震の際には舳倉島の震度も出てきますが、こんな小さな装置で測っているのですね。
IMGP9294-Resized.jpg


愛らんどタワーの北側にあるこの建物は『舳倉島監視局』です。
IMGP9542-Resized.jpg
全国に27局あり、船のGPSデータを補正するのに用いられるようです。僕の出身である愛媛県では伊方町と今治市の二つあり、それぞれ豊後水道・瀬戸内海の船にデータを送るのです。
IMGP9298-Resized.jpg


舳倉島ツアー 第18回 ~NTT無線中継所・北陸電力舳倉発電所~
3月23日。もうすぐ春だというのに、また天気が崩れてきました。明日からはまた時化るようです。

皆さんの携帯はどの会社のどんな機種を使っていますか?選択枝が多くあり、迷うところでしょうが、島で使用できるのはDocomoだけです。NTT無線中継所があるので、Docomo(MovaもFOMAも)だけが使えるのです。
IMGP9865-Resized.jpg
歴代の診療所所長の先生方は皆、Docomoに機種変更してから島の勤務に臨んでいました。島でもほとんどの方が携帯を持っており、FOMAで輪島にいる孫たちとテレビ電話もしています。

Docomo以外は全くつながらないのかと言うと、実はそうでもありません。Softbankは島のどこに行ってもつながりませんでしたが、へぐら愛らんどタワーの5階展望台に出ると、auの電波が一本入っていました。携帯の向きで入ったり入らなかったりするので、偶然かもしれませんが、メールも受信できたようです。

基本的には、舳倉島ではDocomoしか通じないと思っていた方がいいでしょう。どの会社も共通の電波を使ってくれればいいのですが。

北陸電力舳倉発電所は港の西側に建っています。これは火力発電所で、舳倉島の電気を一手に担っています。発電所の管理人は島の中に二人いて、正月や大祭で島民がほとんどいなくなる時でも、必ず一人は島に残っているのだそうです。
IMGP9873-Resized.jpg



メカブ
3月22日。昨日までの悪天候が嘘のよう、朝から上天気でワカメ採りがありました。岩ノリやあおさと違い海に潜って採るので、僕たちは参加できず陸の上から写真を撮っていました。

アワビやサザエ採りと同じように船で沖に行き、船上の人と一対一になって採っている人もいれば、海岸から泳いで行って採っている人もいました。天気がよく、ウェットスーツを着ているとは言え、こんなに寒いのに潜るのですね。島の方はみなさん働き者です。
IMGP9856-2-Resized.jpg
ワカメ採りを見学した後、ニューへぐらに人を迎えに行きました。来年度、島に赴任する先生が挨拶に来てくれたのです。診察の流れ、在庫管理、日常生活のことなど、大まかな流れを説明しましたが、実際に赴任してみないと分からないことだらけだったでしょう。島民の方とも触れ合いを深めていって下さい。
IMGP9877-Resized.jpg
散歩をしていると、今朝採れたての貴重なメカブを頂きました。メカブとは、ワカメの根っこで水溶性食物繊維を豊富に含んでおり、高血圧予防・ダイエット・宿便除去などに良いとされています。
IMGP9878-Resized.jpg
茎のような部分は硬いので、葉っぱのみ取ります。錆付いたような切れない包丁を使ってそぎ落とすのです。葉っぱは粗く切ってから熱湯をかけます。それから包丁でたたいて細かくしてから味噌汁に入れると美味しいようです。また、味噌汁だけでなく、ご飯にかけて、卵黄と醤油をかけて食べると、かなり美味しいとも聞きました。早速やってみようと思います。
IMGP9879-Resized.jpg
今日は天気のいい週末だったので、野鳥の会の人たちも島に来ていたようです。あまり目立った収穫はなかったようですが。

僕らが散歩中に見た鳥は、ベニヒワ(冬の間もよく見かけましたが、また渡って来たのですね)、タゲリ、ミヤマホオジロ、ヒガラ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ウグイス、イソヒヨドリ、ハクセキレイ、トビなどです。
舳倉島から見る朝日
3月21日。今日も風が強く欠航でした。明日は、来年度から舳倉島に赴任する医師が挨拶に来る予定なので、何とか来て欲しいものです。

舳倉島での生活も残すところ約1週間となりました。少しずつ引越しの片付けを始めましたが、こんなに物があったのかというくらい、ダンボールが大量になりそうです。

この半年間で、夕日は何度も見たのですが、きれいな朝日を見たことがありませんでした。以前見ようとして挑戦したときは、雲が多くてあまりきれいに撮れませんでした。

数日前に、上天気が続いていたため、再度早起きして撮りに出かけました。出かけたとは言っても、診療所の屋上からですが。水平線から上る朝日を撮りたかったのですが、黄砂の影響か霞んでいて、途中からしか見えません。
IMGP9735-Resized.jpg
朝日の上手な撮り方は分からないので、大した写真ではありませんが。
IMGP9777-Resized.jpg

舳倉島ツアー 第17回 ~製塩所・浄水場~
3月20日。春分の日です。朝から風が強く、船は欠航となりました。ここ最近では、野鳥も多くなり春の息吹を感じ始めていたのですが、また風の音がビュービュー唸っています。

舳倉島ツアーも残すこところ、あと少しです。

港から進んだ公園の脇に『海士町自治会 舳倉島製塩所』があります。
IMGP9280-Resized.jpg
6トンの海水を10日間かけて低温で蒸発させて作られる塩は海のミネラルをたっぷり含んでいます。時折三角形の結晶もできるようです。ここで作られた塩は民宿つかさで販売されています。粒が大きくて、普通の味塩とは比較にもなりません。
IMGP9282-Resized.jpg
2003年春、海水淡水化装置の完成により、島の慢性的な水不足が解消されました。正式名称は『舳倉島簡易水道浄水場』です。
IMGP9286-Resized.jpg
こちらの正式名称は分かりませんが、海岸線を埋め立て堤防を作るのに使っていた、コンクリートを作る機械です。役目を終えた今は稼動していません。
IMGP9288-Resized.jpg




ごっくん
3月19日。今日は1日中曇り空で、小雨も降っていました。

そんな中、港に行く途中で見かけた鳥はムクドリ、ツグミ、メジロ、カワラヒワ、ウグイス(少しずつ泣き声が上手になってきました)、トビ、ハクセキレイくらいでした。昨日はジョウビタキもいたのですが。

ひ~ちゃんは手の力が大分ついてきました。これは16日のタコ祭りの際に、島の方に頂いたジュースですが、床に置いてあったのを自分で持ってきてなめ始めたのです。もちろん蓋は開いていません。
IMGP9592-Resized.jpg
「何も出てこないよぉ~」

舳倉島ツアー 第16回 ~消防車・漁協~
3月18日。今日はかなり寒い風が吹いていましたが、ニューへぐらはいつも通り揺れながらやって来ました。その中には、工事関係者の方や、観光客の姿も見受けられました。これから徐々に島民も、観光客も増えていくことでしょう。

今日は舳倉島ツアーの続きです。

以前、島の唯一の車として診療所の救急車(バン)を紹介しましたが、島の中には他にも車がありました。それは、『舳倉島器具置場』という建物の中にあります。
IMGP9812-Resized.jpg
僕の背丈と同じくらいの車高の消防車です。バッテリーがあがらないように、たまに島内を走って点検されています。出動せずに終わることを祈ります。

その横には漁協があります。島民は魚やアワビを採ると、漁協に買い取ってもらいます。漁協にも常に職員が住んでおり、1週間ほどで交代するようです。
IMGP9283-Resized.jpg

中には生簀(いけす)もあり、活魚としても出荷できます。昨年の11月のお食い初めで頂いた鯛も、数日間時化が続きそうだったため、時化る前にここで生かしてもらっていました。

たくさんの野鳥
3月17日。今日は天気がよく、BWの方も来られていました。天気がよかったので、港に行くついでにひ~ちゃんを連れて散歩に出かけました。

その途中では多くの野鳥を見つけ、ウグイスも下手な声で「ホ~ホケホケキョ」と鳴いています。天気予報では今週は暖かいとのことで、もう春はすぐそこなのですね。

今日見つけた鳥を列挙すると、キレンジャク(15日と同じく3羽でした)、タゲリ、アトリ、ホオジロ、シロハラホオジロ、ミヤマホオジロ、ジョウビタキ、ムクドリ、ツグミ、トビ、ウグイス、ハクセキレイ、カワラヒワなどでした。

いくつか写真を掲載します。間違っていたら教えて下さい。まずは、タゲリです。学校の校庭にいました。
IMGP9697-2-タゲリ
ムクドリです。こちらも校庭で3羽ほどの群れでいました。
IMGP9711-2-ムクドリ
ホオジロです。顔の白黒模様がかなりはっきり見えます。
IMGP9726-2-ホオジロ
シロハラホオジロです。
IMGP9667-2-シロハラ
アトリです。
IMGP9669-2-アトリ
そしてこれはツグミの一種だと思うのですが、ハチジョウツグミかノドアカツグミか他のものか分かりません。分かる方がいたら教えて下さい。
IMGP9695-2-Resized.jpg
後姿です。
IMGP9692-2-Resized.jpg

タコ祭り
3月16日。今日は竜神祭りでした。

島の北側にある竜神池・無他神社を覚えていらっしゃいますか?忘れた方は2月4日の舳倉ツアーを参照して下さい。

竜神様のお陰で海藻がよく生え、それを食べるアワビやサザエが増えると期待されています。そのため竜神祭りは、別名「エゴ祭り」や、アワビの天敵のタコを食べるので「タコ祭り」とも呼ばれています。

また、島の西南端には「行者塚」と呼ばれる石積みの山があります。これは一旭行者が島の民を指導して海中から石を拾い上げて積んだもので、タコを封じ込める石積みだとも伝えられています。

今朝11時に奥津比神社に島民30人弱が集まり、タコ祭りが始まりました。いつもの祭りのように、テープでの祈祷が始まり、区長さんが島民のお祓いをした後、お神酒を飲みながらタコ・ブリの刺身が大量に出てきました。

ひ~ちゃんにはお神酒を飲ませられないので、器だけです。おもちゃ代わりにかじっていました。
IMGP9585-Resized.jpg
タコとブリの刺身です。タコはしょうゆも何も付けなくても、塩味とタコそのものの味が抜群でした。特に頭は柔らかく、絶品。
IMGP9588-Resized.jpg
そのタコは、実はこんなに大きかったのです。足だけで、ひ~ちゃんの身長くらいありそう。
IMGP9600-Resized.jpg
ひ~ちゃんは初タイコもたたかせてもらいました。大きな音にビックリしてしまうので、強くは叩けませんが、島の方に抱っこされながら叩いてます。
IMGP9617-2-Resized.jpg
ひ~ちゃんが眠くなってきたので、早めに切り上げて帰りました。そして、ちゃっかりお供えされていたタコの足を頂いてきました。長さを測ってみると、72cmもあり、ひ~ちゃんの身長以上でした。調理される前の状態も見てみたかったです。
IMGP9640-Resized.jpg
輪切りにしてタコ刺しにしましたが、足の先よりも付け根の方が身が詰まっていて、かなりジューシーでした。噛めば噛むほど味が出るとはこのことです。長径で6cmもあります。
IMGP9650-Resized.jpg
今年の夏もアワビがたくさん採れますように。


春の渡り鳥
3月15日。朝起きて窓から外を見ると、目の前の電線の上にキレンジャクが3羽止まっていました。急いでカメラのレンズを鳥用に換えて撮影を試みることに。あまりうまく撮れませんでしたが、渡りの時期が始まったことを感じ、ワクワクする一日の始まりでした。

今日は診療所が休みなので、船が来る前に診療所だより(月1回発行している診療所からのお知らせなど)を配りに出かけました。ひ~ちゃんを抱え、鳥用のレンズを付けたカメラを携え、島民に配る診療所だよりを持っていたので、かなりの重労働でした。もちろん、妻と分担していましたが。

その途中で見つけた鳥たちをupします。もし間違っていたら教えて下さい。
先ずはキレンジャクです。学校の校庭横にいました。
IMGP9461-2-Resized.jpg
ホオジロです。多分。
IMGP9391-2-Resized.jpg
スズメだと思います。
IMGP9430-2-Resized.jpg
島の南西の海岸にいて、イソヒヨドリかと思いましたが、お腹が赤くありません。トリミング画像で小さいので分かり難いですが、分かる方いらっしゃいますか?
IMGP9462-2-Resized.jpg

IMGP9463-2-Resized.jpg
ジョウビタキの♂です。
IMGP9466-2-Resized.jpg
シジュウカラです。
IMGP9537-2-Resized.jpg
メジロです。
IMGP9541-2-Resized.jpg
他にはヒガラ、ツグミ、カワラヒワ、ウミウ、トビ、ウミネコ、カモメなどがいました。今日はBWの方も来られていたので、僕なんかよりもたくさん鳥を見つけられたことでしょう。お話しする機会はなかったので、詳しくは分かりませんが。

今回で診療所だよりを配るのは最後なので、全部を回るのに3時間ほどかかってしまい、二人とも足が棒のようになっちゃいました。ですが、島民と触れ合い、久しぶりに鳥もたくさん見られて幸せな1日でした。
ホワイトデイ
3月14日。今日も低気圧が近づいてきたため、船は欠航でした。さらに外は大雨で、鳥を見にも行けませんでした。

ただ、部屋の換気をするために窓を開けていると、「ホ~ホケキョ~」とウグイスの声が聞こえました。鳴き方はまだ下手っぴですが、今までは「チャッチャッ」としか鳴いていなかったので、春の訪れを感じさせます。

今日はホワイトデイです。島ではシャレた物は買えないので、金沢にいた先週末にひ~ちゃんと僕からケーキをお返ししました。
IMGP9165-Resized.jpg
真ん中のハート型の入れ物は、ひ~ちゃんの離乳食のデザート入れに使っています。
絵本
3月13日。今日は凪だったようで、船でたくさんの方が島に渡ってきていました。荷物も全部でコンテナ3-4つ分もあり、朝の港はてんやわんやでした。

これから春に向けて、どんどん島民が増えていくことでしょう。島が賑やかになるのは嬉しいです。

ひ~ちゃんが金沢にいる間に、あ~ちゃんから絵本をプレゼントしてもらいました。何冊かあるのですが、お気に入りは「やさい」と「くだもの」の絵本です。
IMGP9173-2-Resized.jpg
嫌いな食べ物でも、絵本を見せながら食べさせると、絵本に夢中になるのか、バクバクと食べてくれます。どんどん食べて大きくなってね。

野鳥情報ですが、二日前からカワラヒワ、メジロ、ツグミが飛んでいます。今日はそれプラス、ヒガラ、ジョウビタキ、ミソサザイの姿を見かけました。
7ヶ月
3月12日。今日もまた風が強く欠航でした。予報では波の高さ1→1.5Mなので、来るかと思っていましたが...。先週までの9日間連続来たのが嘘のようです。

今年の岩ノリとあおさは少ないようで、すでにほとんどないと島の方がおっしゃっていました。シーズンインしないまま、時化るだけ時化て終わったような気がします。

うちのひ~ちゃんはつい先日7ヶ月を迎えました。
IMGP2543-Resized.jpg
ひ~ちゃんの隣に写っているぞうさんは、足の先にカタツムリがついていたり、鏡が隠されていたり、耳を触るとカサカサ音がしたり、手を押すとキュッキュッと鳴ったりと、多機能でお気に入りの1品です。

これからもどんどん大きくなりますように。
ブリ尽くし♪
3月11日。朝からいい天気だったため、10時20分に張り切って3人で港に出かけました。しかし、坂を降りている途中、海を見てみると沖まで白波が・・・。案の定船の姿は見えず、引き返してきました。残念。予報では2mだったのですが。

昨日、島民の方からぶりを頂きました。刺身・切り身・カマなど大漁です。このところ時化が続いており、ご無沙汰していたのでとてもうれしかったです。

さっそく刺身は昼に頂きました。
「う~ん....うまい!!!!!!」
IMGP9166-Resized.jpg
カマは、ブリ大根にして食べました。最近テレビで、「大根と米を一緒に下ゆですると、大根の辛さが取れる」と言っていたので挑戦してみました。確かに、大根特有の辛味がなくなりまろやかになりました。

切り身はステーキに。少し塩を振って、すき焼きの割り下をかけてみました。ミディアムレアでいい感じ!妻と二人で完食しました。

やはり舳倉島のブリは絶品です。この半年間、たくさんブリを頂きましたが、いつ食べてもおいしく、飽きる事はありません。島民の方達に感謝です。
クラッシュ
3月10日。この土日は正月以来の離島で、結婚式に参列して、今日帰って来ました。自分たちの結婚式をする前と後では、対する思いが全然違いますね。自分たちが経験済みだと、自分たちと重ね合わせうことで、より感慨深くなります。特に今回は、新郎新婦のどちらとも知り合いだったので尚更でした。

ありきたりですが、末永くお幸せに。

土日の結婚式のために、7日の金曜日に離島しました。その当日の朝、研修医時代から愛用していたデスクトップのパソコンが壊れてしまいました。前日の夜にVideo偏執ソフトをセットし、レンダリングしながら眠りについたのですが、朝見るとフリーズしていたのです。

こんな止まり方は初めてで、どのキーを押してもうんともすんとも言わないので、強制終了しました。数時間パソコンを休ませてから再起動したのですが、こんな画面のままなのです。朝見たときもこんな画面でした。
IMGP9141Resized.jpg
パソコンに長けた友人に聞いたのですが、大学時代の寮生活とは違って、すぐに来てくれません。今は仕事もあり、離島なので、時間があっても来られませんが...。結局、入院させることになりました。今日はノートパソコンからブログを書いています。

パソコンが壊れたことのショックは大きいですが、それよりも中のデータが心配です。HDDは大丈夫だと思うと言われたのですが...。

離島だとすぐに修理に出すことができないので、離島当日に壊れたというタイミングは不幸中の幸いでした。そんな悲しい思いを背負いながらの離島となりました。舳倉港を出て、5分ほどしてから撮った島の全景です。標高は12Mなので、こうして見ると、かなり平坦なのですね。地球が丸いというのも実感します。
IMGP9162Resized.jpg



太陽と月
3月6日。今日で5日間連続で船が来ています。冬になってからこんなことは初めてです。明日からも凪が続きそうです。

今日見た鳥は、ミソサザイ、メジロ、ツグミ、トビなどでした。

この写真は以前に撮ったもので、夕日ではなく朝日です。早起きして撮ってみました。ですが、冬の間は能登半島の山々に雲が常にかかっているので、ある程度太陽が上ってこないと雲から出てきません。
IMGP6973-resized.jpg
そしてこれは昼間の月です。鳥用のカメラの500mmで撮って、トリミングしていません。
IMGP6826-resized.jpg
最後に、夜の月です。これは明け方の太陽が出る前の月を撮りました。こちらはトリミングしています。クレーターまで見えるのが驚きです。
IMGP6966-3-resized.jpg
月はほとんど同じ面を地球に向けていると聞いたことがありますが、二つの写真を見比べると、月の中の暗くなった部分がなるほど同じですね。

週末の結婚式のため、明日離島できるようになりました。明日明後日は代診医に来て頂く予定です。月曜日に帰ってくるので、それからまたブログを再開したいと思います。
舳倉島ツアー 第15回 ~島の民宿つかさ・つき~
3月5日。朝目覚めると、かなり雪が降っていましたが、朝日が昇ってくるとすぐに雪は融けてなくなりました。ニューへぐらもいつも通り来たかと思いきや、突っ返しで帰っていきました。天気もすぐに崩れ、今日見たのはメジロ、トビ、ハクセキレイくらいでした。

海の天気、特に冬は変わりやすいようです。今週末に結婚式に参列する予定なので、何とか離島できることを祈ります。

ここのところ船は毎日来ていますが、2月の運行状況をまとめてみました。
29日のうち来たのは12回でした。しかも後半の欠航はかなり多く、10日からの20日間ではたったの4回しか来ませんでした。

今日はツアーの続きで、島の民宿の紹介です。

昔の舳倉島には店が数軒あったそうなのですが、現在は一軒もありません。定期船のスピードが速くなり、片道3時間かかっていた船旅が1時間半に改善されたのです。そのため、島から出ることも簡単になり、品物も輪島に頼むようになりました。

店はなくなりましたが、釣り人やバードウォッチャー、観光客のために民宿が2軒あります。これも昔は3軒ほどあり、今とは違う方が経営していたそうです。

現在は「つかさ」「つき」の2軒があります。集落の東側にあるのが「つかさ」で、
IMGP7156-resized.jpg
西側にあるのが「つき」です。
14回 2-resized
親子で経営しているので、お客さんの数に応じて、採れた魚を分け合ったり、手伝いに行ったりもでき、かなり融通がききます。「つかさ」の前にはご主人お手製の小池があり、野鳥の集まるスポットとなっています。
IMGP7155-resized.jpg
バードウォッチャーの話でも、「困ったら鳥観察所かつかさの前に行けばいい」とまで言われています。

どちらのご主人・女将さんにも、いつも大変お世話になっています。

ちなみに冬季の間は営業していません。民宿つきは昨年11月中旬から、民宿つかさは昨年11月下旬を最後に休業に入りました。営業再開は3月下旬頃からとなるようです。

つかさ:0768-22-8713
つき :0768-22-8745

ベニヒワ
3月4日。皆さんは、マユミーヌってご存知ですか?アフラックのCMで『アヒルンルン♪アヒルンルン♪』と歌っている人です。このCMソングは耳に残るのですが、誰が歌っているかは知りませんでした。

夕方のニュースでしていましたが、明日、アヒルのワルツ(バンジョー・ヴァージョン)」でメジャーデビューするそうです。実は7番(石川では7題目というらしい)まであるとのこと。一度聞いてみたいですね。

今日も島の天気はよく、凪が続いています。診療所にも訪問者があり、久しぶりに同世代の人と話し込みました。お土産にもらった雪苺が最高にうまかったです。

観光客の方も数人来られて、島を散歩しているようでした。BWの方もおられたでしょうか。中には教師を定年退職後の方で、絵を描きに来られた方もいらっしゃいました。

島は自然いっぱいで静かなので、風景画を描くにはもってこいです。

そして、今日もベニヒワを発見しました。
IMGP9103-2-resized.jpg
他には、シメ、ジョウビタキ、ヒガラ、スズガモ、ツグミなどがいました。
上巳
3月3日。今日は桃の節句、雛祭りです。

雛祭りの起源は京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んだ平安時代の「雛あそび」が始まりとされています。やがて武家社会でも行われるようになり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、行事となり、雛祭りとして発展していきました。

元々は、5月5日の端午の節句とともに男女の別なく行われていましたが、江戸時代頃から、豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句(菖蒲の節句)は「尚武」にかけて男の子の節句とされるようになったのです。

なので、今日はうちの息子ひ~ちゃんの出番はありません。島にはジョウビタキ、ミソサザイ、ツグミなどがいました。写真はオスのジョウビタキです。
IMGP9108-2-resized.jpg
節句は全部で5つあり、
1月7日を人日(じんじつ)
3月3日を上巳(じょうし)(梅の節句)
5月5日を端午(たんご)(菖蒲の節句)
7月7日を七夕(たなばた)
9月9日を重陽(ちょうよう)(菊の節句)と呼びます。

1月だけは1日じゃないのですね。ちなみに3月3日、5月5日、7月7日はどれも同じ曜日になるそうです。今日が月曜日なので、5月5日も月曜日...ということは、GWは土日月で休みが少ない(悲)。

ベニヒワ、スズガモ
3月2日。今朝の予報では波は2.5Mでしたが、昨日まで5日間欠航ということもあり、船はやって来ました。冬季は船の出港時間が14時でしたが、3月に入り15時に延長されました。

今日は天気がよく、島民の方も散歩していたり、大工仕事をしていたり。

鳥も多く見かけました。ベニヒワです。島民によると、二日前にもいたそうです。
IMGP9105-2-resized.jpg
これはスズガモでしょうか?カルガモと一緒に竜神池にいました。
IMGP9115-2-resized.jpg
この他にも、ジョウビタキ、シメ、ミソサザイ、シジュウカラ、ヒガラ、アトリ、ツグミ、トビを見ました。

長期保存用の豆腐
3月1日。舳倉診療所勤務も、残すところあと1ヶ月となりました。この5ヶ月間はあっという間に過ぎ去った気がします。この1ヶ月で、もっと島民と触れ合えたらな、と思います。

定期船はと言うと、今日で5日目の欠航です。ここ10日間で来たのは、25日の月曜日だけでした。島民の方に聞いても、こんなに荒れるのは珍しいとのことです。今日も風が吹き荒れていました。鳥で確認できたのも、シメ、ツグミ、トビくらいでした。

以前(12/4に)、長期保存用の豆腐として紹介しました。それ以外にもこのように、牛乳パックに入っているかのような豆腐もあります。賞味期限は約半年間もあるので、島民たちは皆さんこれを仕入れています。
IMGP9049-resized.jpg
しかし意外にも、これらの長期保存用豆腐は10年ほど前から頼み始めたのだそうです。金沢から来た民宿のお客さんが、こういう豆腐がありますよと教えてくれたのがきっかけで、それ以降山○商店に頼んでいます。取り出しやすく、しかも美味しい。


プロフィール

Takuya Suda

Author:Takuya Suda
住所 〒928-0072 石川県輪島市海士町所属舳倉島出邑山1-4 舳倉診療所
TEL:0768-22-7500
FAX:0768-22-7509
mail: lovelyhegura@yahoo.co.jp

This blog started in April, 2006. I am the 19th author.



About Hegura island

舳倉島について知りたい方は、カテゴリーの「島内ツアー」をクリックしてください。



カテゴリー



アクセスカウンター



いま見ている人は



最近の記事



過去ログ +

2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【26件】
2012年 05月 【27件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【26件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【28件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【9件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【16件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【8件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【9件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【7件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【14件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【11件】
2008年 03月 【25件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【25件】
2007年 12月 【25件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【8件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【11件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【17件】
2006年 08月 【10件】
2006年 07月 【14件】
2006年 06月 【15件】
2006年 05月 【24件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【1件】



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント(記事毎)+



ブログ内検索