FC2ブログ
舳倉島診療日誌
臨床研修を終えたばかりの新米医師が毎年半年交代で赴任する舳倉診療所。温かい島の人々に囲まれてのんびりすごす島の暮らしを綴りたいと思います。
キリバン!12345
この度、キリバン12345を迎えました。
キリバンゲットした方が送ってくれました。
kiriba

毎日、40~50人の方が見てくれているのでとても励みになります。
あと2ヶ月、楽しいブログを書いていけたらと思います。

夏の総合診療!~2日目~
朝7時、「血圧の薬くだ」 と普通の患者さんが・・。

(こころの声)
 だ~か~ら~(T_T)!
 検診だからいつもの薬は早めに取りに来ておいてと何度もお知らせしてあるのに~!

検診だろうがなんだろうが、島の人はあまり曜日感覚がないのです。

しかし薬が無いものは仕方ありません。こういう時は怒ったり不機嫌な態度をとると後味も悪いですし、それで患者さんの行動が変わるわけではないと思っています。なるべく普通に対応して、最後に「まあ、いつもの薬は平日に来てや~」と軽くジャブ。後輩のためにもそういう地道な啓蒙が大切です。

それはさておき、総合診療2日目です。でも実は2日目は予約検査(胃カメラ、眼底検査)以外の患者さんはあまり来ません。沖休みではないので日曜日でも皆さん漁へ行くからです。
genkan

この2日間の各科の総受診数は約130人でした。もちろん胃カメラと眼科と耳鼻科と内科の全てを受けて行く人もいるので、実際の来院数はぐっと減りますが、島民にとっては自分の健康を総合的に意識してもらうよい機会になったのではと思います。

10時には予約患者も終了し、片付けへ。
前の晩のお酒がちょっぴり残っていましたが、みなさんてきぱきと動いていただき、11時には全て終了しました。いつも1人でやっているので適材適所に人がいるとこんなに早く仕事って終わるんだなぁと実感。

片付け終了後、診療所のすぐそばに建っているへぐら愛ランドタワー(給水塔)に登りました。数年前から灯台に登れなくなり、島で1番高い建物です。島が一望できます。
iladotower1

中には輪島や舳倉島についてのパネルが展示してあります。
ilamdpowtowe2


お昼はアワビご飯!美味です!
awabigohan1


3年前の診療所長の西川先生。懐かしい島の人と別れを惜しんでいました。
drnishi1


お土産だそうです。すげ~!アワビが1個、2個、3個・・。ちなみに今はアワビ12000円/kgです。
drnishiakwakatu


最後にニューへぐらの前で記念撮影です。
kinennsatu1


さよ~なら~(_´Д`)ノ~~
sayonarahegura


皆さんを送った後、どっと疲れが押し寄せてきて、夕方まで寝ていました。目が覚めると、診療所の中は何だかし~んとしていて、午前中まで人で一杯だったのが不思議な感じでした。

参加していただいた先生方、看護師の皆さん、技師さん、県庁の方々、本当にありがとうございました。そして何より沢山参加してくれた島の皆さんにとても感謝しています。
準備と開催中は大変でしたが、仕事をやり終えた後の気持ちのよい充実感で今はいっぱいです。

検診結果のカルテ書きや報告書作成などまだやることはありますが、燃え尽き症候群にならないように残りの任期をしっかり務めていきたいと思います。




さて、夕寝してしまったので、何となく眠れず夜11時になってもテレビを見ていたら、
トゥルルルル!電話が!ゲッ!急患!?

「せんせ~、のもっさ~」

島の若い海女さん達でした。保育所の先生も集まっていて、楽しい飲みの夜は更けていくのでした。

夏の総合診療!~1日目~
この土曜日、日曜日に毎年夏に行われている舳倉島総合診療(検診)が行われました。昭和58年から天候により中止になった年を除いて毎年開かれている歴史ある検診事業です。所長はホストとして、参加していただく先生との連絡、機器の準備、島民への周知、検査の予約と仕事が多く、この1ヶ月はなかなか忙しい日々でした。

金曜日、少し緊張しながら受付の机を並べたり、案内の貼り紙を貼ったり、休憩室の準備をしたり、インターネットで天気図を睨んだりしてすごしました。明日からの2日間をイメージトレーニングをして就寝。

土曜日、前日が時化で欠航だったため少し不安でしたが、船は出てくれました。スタッフの皆さんはほとんどが前日に輪島入りして懇親会を開いていましたが、当日の朝に金沢から直接来られた先生もおられました。
hunetoutyyaku

10:30、ニューへぐらが到着。今回はドクターは5名来ていただきました。数年ぶりに島を訪れる先生もおられ、島民の方々と懐かしさを分かち合っておられました。はやり皆さんハルをみてびっくり。

診療所まで診療に使う機器を車で運び、早速準備が始まりました。
診療所が入っている総合開発センターの1階を使い切って、受付、胃カメラ、耳鼻科、眼科、内科、レントゲンと各部屋で準備が進んで行きます。

耳鼻科は県の医師会長でもいらっしゃる小森先生。もう20年以上前から舳倉島の医療に関わっていただいています。この総合診療にも毎年来ていただいています。
眼科、胃カメラ、内科は自治医大出身のドクターで元診療所長の先生方と、次期診療所長の先生です。

11:00、かねてから予定してあった子ども達の眼科健診です。
gankakodootati

う~ん、なんという微笑ましい光景でしょうか。みんないい子で受けてくれました。小学校入学以前の子どもの眼科検診は専門医が行うわけではないため斜視や弱視の見逃しが多く、こういった健診はとても大事なんだそうです。

さて、午後1時、みなさんどっと詰めかけてくれました。
doto

受付は県庁の医療対策課の方々です。この検診事業は石川県、輪島市の共同開催で、県からは県立中央病院の看護師さん、市立輪島病院から看護師さん、放射線技師さんが参加していただいています。これらの調整役が県庁医療対策課です。小森先生や元所長の先生方は有志の参加で、所長がお願いするという形で集まってくださり、ほぼボランティアです。
多くの方々のご協力があって初めてこういったへき地の検診は成り立っています。

haruhagennkanne
「なんか今日はひとがいっぱいくるなぁ。ハァハァハァハァ。あ~暑。」

1日目は区長さんに協力していただき沖休み(漁が休み)となるため、漁師さん、海女さん達も普段はできない絶食をして胃カメラに臨みます。
耳鼻科、眼科は普段は十分に診ることができないので、この総合診療で「1年に1回診てもらって安心しとるんや」という人が沢山おられます。海女さんはやはり厳しい労働環境で耳の疾患が多いのです。高齢化が進んでいるため白内障の人も多く、高血圧や糖尿病などの生活習慣病から定期的な眼底検査が必要な人も多くいます。
内科では普段検査を嫌がる人が多い中、検診ということで、心電図、レントゲン、腹部エコー、検尿を進んで受けてくれます。

午後4時ごろから人が途切れ始め、5時には予約検査の患者さんも終わり、反省会へ。2日目と来年度によりよい総合診療ができるために意見を交わします。

みなさん島の西側の竜神池を回って民宿へ。

ごはんです!海の幸です!

itiniti9mebanngohann1

1initimebanngohann2

金沢からは3時間かかる舳倉島ですが、これを食べに来たと思えばそんなに遠くない!?

このあと、みなさんで花火をしました。
hegurahanabi

ハルは火花をみて泣き叫んでいました。

いったんお風呂に入りさっぱりしたところで所長宅で2次会へ!
日本vsオーストラリアを観戦しながら結構遅くまで飲みました(^_^;)
島にいるとこんな2次会がとても幸せに感じます。

日本も勝って、無事1日目を終了しました。
アジサイ?
少し前の写真ですが、診療所の裏手の散歩道にアジサイを見つけました。

ajisai1

いいなぁと思ってみていたんですが、なんかちょっと見慣れたアジサイとは違うような・・?

ajisai2

やっぱりちょっと違いますよね。
と、その時思って別にそれから調べたりはしなかったんですが、先日ニュースで珠洲のあじさい寺が紹介されていて謎が解けました。

このアジサイは日本古来のガクアジサイで、普段見慣れてるアジサイは品種改良されたセイヨウアジサイだったんですね。ガクアジサイの真ん中のところがアジサイの本来の花の部分だそうで、周りは装飾花なんだとか。その装飾花の方を大きくさせたのがセイヨウアジサイだそうです。

ajisai3

舳倉のような孤島だからこそ日本古来のアジサイが咲き続けているのかなと感じました。ま、実際は本土でもたくさん咲いているのかもしれませんが、花については本当に無知なもので間違っていたらすみません。

では問題。今育ているこの植物、なんでしょう。
答えは2ヵ月後。
nandesi

(分かってもコメントに書かないでくださいね(^_^;))
台風そして地震
台風は石川県には特に被害も出さず過ぎ去りましたね。
舳倉島も夜は結構風が吹きましたが、何事もなかったです。
島民は3連休だったため、多くの人は輪島に帰っていました。
しかし、夜にはハルが鳴いて困りました。

地震は輪島は5弱だったようですが、舳倉島は「あ、ゆれたな~」程度のものでした。
被災地の人たちは本当に大変だと思います。輪島市が真っ先に支援を出したというニュースはよかったですね。

ところで、台風がこなければ水上運動会が開かれる予定でした。
ずっと天気はよかったのにピンポイントで台風が来てしまいました。
残念です。
昔の水上運動会の様子です。
sujyou

楽しそうですね!来年機会があればハルと遊びにきたいです。

マンガ
診療所の2階が医師住居です。歴代の先生が生活用品も残していってくれていますが、マンガもたくさんあります。

ヒマな時にはよく読みます。

Dr.コトー診療所
koto


定番ですね。まさにここにぴったりの書物です。ですが、読んでません。実家に全部あるというのもありますが、できる限り診療所で治してしまおうとするコトー先生と、調子の悪い人をピックアップして本土の病院に送ることを使命としているウチの診療所とではスタンスが違い過ぎるからかもしれません。ま、実際、脳外のオペをする診療所はないでしょう・・。

花の慶次 ―雲のかなたに―
keiji


石川県ゆかりのマンガですが、前田利家の甥である前田慶次のお話です。確か僕が小学5年生位の時のマンガだったような。北斗の拳を描いた人の作品で、画がこい~のであんまり好きじゃなかったですが、ここにきて読み返してみると結構引き込まれてしまいました。

研修医なな子
hegura


研修医を題材にしたものとしてはかなり事実に忠実な部類だと思います。取材がしっかりしてるんだと思います。新臨床研修制度が始まる前の作品なので今とはちょっと違うところがありますが、研修医の情けなさや、失敗談がコミカルに描かれていて楽しいです。でも、医療への夢や期待みたいなものもしっかり描かれていて良い作品だと思います。ブラックジャックによろしくとかは確かに問題提起にはなるけども、そんなにシリアスなことばっかり考えてないよ、といったところがあると思います。

その他には、
アカギ
akag

課長 島耕作
sima

徳川家康
tok

加治隆介の議
kaji

MAJOR
meja


などがあります。今は徳川家康(横山光輝著)を読んでます。めちゃめちゃ長い・・。
神社の草刈り
昨日は沖休みで島中をあげての神社の草刈りでした。

okutuhimejinjaoosouji1 kusakari1

まず、10時から全員で奥津比神社の草を刈ります。
島には7つの神社があって、奥津比神社はその総本社です。

普段は医者と患者さんという関係ですが、一緒に作業しているときは島の住人同士です。普段の生活のことや漁のことをがやがや話をしながらの楽しい時間でした。

男の人が草刈り器で丈のある草を切ってき、そのあとをみんなできれいに草をむしっていきます。

kusakari2


疲れたらお茶を一杯どーぞ。
kusakari4


藪に覆われた部分を刈っていくと、お地蔵さんが出現しました。
kusaari6

島の人たちはちゃんとお地蔵さんがいるところを知っているんですね。島には至るところにお地蔵さんがあります。

昼休みを挟んで、午後はお寺や自分が住んでいる区域の小宮の草刈りです。

お疲れ様でしたー!
otkuare


お駄賃2000円頂きました。
子どもたちとハル
CM業界ではネタに困ったら子どもと動物を使えと言うそうですが、たしかに子どもと動物ほど絵になるものはありませんね。

harutokodomo5 でっかいおしりだなぁ~

保育園の子どもたちは先生と一緒に午前中に散歩に出かけます。
ハルと僕も毎日船を迎えに行くので、子どもたちと一緒になることが多いのです。

harutokodoo6 ひっつき虫ついてるよ

僕はもうこの大きさに慣れてしまっていて、観光客の人に「大きいですね~!」なんて言われると、「そんなに大きいか・・?」と思ってしまったりするんですが、

で、でかいですね!子どもと並ぶと。

hartokotosodmo3 おて!
harutokordomo3 ねむ~

子どもたちにとって、ハルと出会った夏がよい思い出になることを願っています。
舳倉島の夕食⑥~ビナ貝~
舳倉で初めてビナ貝というものを食べました。
binagai1

最近、とても人気のある貝だそうで、サザエよりも少し甘みがあって、クリクリッと簡単に取り出せて食べられます。
bingai2

これがまたビールによく合うんです!最高。
昨日もどんぶり一杯もらって、食べてしまいました。

今の時期からもっと大きなものが獲れるようになって良い値で売れるんだそうです。

舳倉島の犬たち~第4弾~
島では最年少のハルでしたが、この度、弟ができました。
syuu

シュウ君、2ヶ月。
以前、紹介したトイプードルのフク助の甥だそうです。
シュウ君の兄弟ももう一匹、島にきました。

まだこの2匹は散歩デビューしてませんが、港にみんな揃ったらいい絵が撮れるでしょう。

保育園に通っている子どもたちはとてもかわいいです。
ハルを大好きになった子も、まだ恐がっている子もいますが、いい友達ができたようです。
harutoeriko


それはそうと、今日で28歳になりました。
診療所だより
さすがに今回は疲れました・・。生活のリズムを取り戻すのに少しかかりました。
またいつものペースで書いていきます。

7月に入りました。今日からアワビ解禁ということで、昨日島に定住していない海女さんたちが大勢やってきました。若い人も多いので子どももいて島が一気に賑やかになった感じです。
保育所も今日からスタートです。今年は学校は無いようです。

さて、月の始めには「診療所だより」を配ります。
島の人たちへのお知らせや、健康上知っておいて欲しいことなどを書いて一軒一軒訪ねて配ります。
shinnryousyodayori1  shinnryousyodayori2

なんだかんだいって30世帯以上あるので結構大変なんです。
4月はどこに誰が住んでいるかわからず、地図とにらめっこしながら何日もかけて配りました。

配る時間も大事です。
夕方に配りに行くと、行く先々で「まあ、一杯飲んでけや」とお誘いを受け、当然一杯で終わるわけもなく、2軒しか配れなかったこともあります。

診療所だよりを配ることは、島の人の名前と顔を一致させるのにとても役に立ちますし、暮らしぶりや、食べ物、お酒、タバコ・・・島の人の生の生活に触れることで日々の診療にプラスになっていると思います。

では今から配ってきます!



プロフィール

Takuya Suda

Author:Takuya Suda
住所 〒928-0072 石川県輪島市海士町所属舳倉島出邑山1-4 舳倉診療所
TEL:0768-22-7500
FAX:0768-22-7509
mail: lovelyhegura@yahoo.co.jp

This blog started in April, 2006. I am the 19th author.



About Hegura island

舳倉島について知りたい方は、カテゴリーの「島内ツアー」をクリックしてください。



カテゴリー



アクセスカウンター



いま見ている人は



最近の記事



過去ログ +

2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【26件】
2012年 05月 【27件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【26件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【28件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【9件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【16件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【8件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【9件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【7件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【14件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【11件】
2008年 03月 【25件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【25件】
2007年 12月 【25件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【8件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【11件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【17件】
2006年 08月 【10件】
2006年 07月 【14件】
2006年 06月 【15件】
2006年 05月 【24件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【1件】



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント(記事毎)+



ブログ内検索