FC2ブログ
舳倉島診療日誌
臨床研修を終えたばかりの新米医師が毎年半年交代で赴任する舳倉診療所。温かい島の人々に囲まれてのんびりすごす島の暮らしを綴りたいと思います。
舳倉診療所 勤務終了
9月30日 晴れ。海も静かな日です。
海女さん達は今年最後のサザエ、アワビ漁に行きました。
僕の引越しの準備もほとんど終了し、あとは今日発の3時の船で帰るだけとなりました。

鳥情報はあんまり鳥はいなくて、昨日はキタヤナギムシクイとアカマシコ、マミジロタヒバリがいたみたいです。最後にアカマシコの写真を撮ろうとがんばりましたが、ダメでした。
今日はけっこう鳥はいそうな感じです。バタバタしていてゆっくり見れません。

この島に来てから鳥をみはじめて、いろんな鳥を見ることができました。この島で見た鳥を数えてみると106種類でした。
図鑑を見ながら、それぞれの鳥に思い出がよみがえります。

今日で舳倉島とさようならです。休みがとれれば、また島にこようとおもっています。
本当にいろんなことを経験させてくれて、学ばせてくれた舳倉島勤務でした。これから先、これだけゆっくりと自然と触れ合いながら仕事をすることはないかもしれません。島が恋しくなったら、このブログや写真を見て思い出そうと思います。

赴任当初のの目標は「島を楽しむこと」でした。
今振り返ってみてこの目標は十分達成したと思います。
毎日がとても楽しく、島民に支えられながらあっというまにすぎていきました。

これからはまた違った環境での勤務となりますが、ここでの経験を生かしてまたがんばっていこうと思います。

舳倉島島民の皆さん、バードウォッチャーの皆さん、このブログを応援してくださった皆さん、舳倉島に関わる皆さん、そして舳倉島、本当にありがとうございました。

最後にこれまで診療の様子は何も書かなかったので、少しだけ写真とともにのせようと思います。

診療件数 4月から9月 945件でした。

診療室の写真をまったく載せなかったのでのせようと思います。

診療所がある開発総合センターです。2階が住居です。
PICT2272.jpg

正面玄関です。
PICT2269.jpg

玄関入ってすぐのロビーです。
PICT2261.jpg

診療所の中です。
PICT2273.jpg

PICT2275.jpg

レントゲン室です。眼科の細隙灯もあります。
PICT2263.jpg

かなり苦戦したレントゲンの現像装置です。
PICT2277.jpg

こんな感じで診療をしていました。白衣は着ません。
PICT2280.jpg


島で撮った写真を中心に簡単な本を作りました。
PICT2285.jpg


舳倉島、本当にありがとう。


私に連絡とりたい方は下記メールまで。
yamamoto.daisuke@gmail.com
引越し
9月28日 晴れ。久しぶりの凪で、海女さんは朝から出漁です。

今日も鳥は全然いないようで、こんなことは前代未聞だとバードウォッチャーさんは言っていました。
キタヤナギムシクイが水浴びしていった他はあまりないようでした。コホオアカもいなくなったようです。

僕は引越しの準備でバタバタしていました。
もうすぐこの島ともお別れです。
半年間いろいろなことがあり、いろんな経験をしました。
いろんな人に出会い、いろんな鳥にも出会いました。
それぞれに思い出があり、引越しの準備をするとともに、いろんなことが思い出されます。

あっという間の6ヶ月間だったなあと思います。今から思い出すと、4月に不安いっぱいでこの島にきたときの気分がとても懐かしく思います。このブログを読み返しながら、苦しかったことや楽しかったこと、鳥に出会えた一瞬の喜びなどを思い出していました。
いろんな人といろんな鳥に支えられて、なんとか離島勤務も終了しようとしています。(まだまだ気は抜けませんが、、。)
いままで、応援してくださった皆さん本当にありがとうございました。
ここが終わると、輪島病院に転勤となります。
ここでの経験を生かして、いろんなことに挑戦し、海女さんたちの必死で仕事に取り組む姿を見習って、がんばっていこうと思っています。


夜に今来ているバードウォッチャーさんと民宿で少し話しました。このブログをいつもチェックしていただいていたみたいで、すぐに打ち解けられたような気がします。
初心者の僕が混ぜていただき、本当にうれしかったです。

鳥の話から、昔の島の話、島の変貌、韓国の離島の話などとても楽しい時間をすごしました。
皆さんの話をしている顔を見ていて、舳倉島を本当に愛していることがよくよく伝わってきました。これからもずっとこの島がつづいていって欲しいですね。
送別会
9月27日 くもり。
波は高く、海女さんは休み。ニューへぐらは10時半に着いたと思ったら、11時には出港しました。

引越しの準備と、後かたずけ、その合間の診療、鳥見となかなか忙しい日が続いています。
昨日26日の夜は、区長さんが送別会を開いてくれました。
学校の先生、保母さん、島民の方々といっしょに楽しく盛り上がりました。
イシダイの刺身を生まれてはじめて食べました。皮がついている部分もあり、コリコリした食感は絶品です。
その他にも、ブリの刺身、アオリイカの刺身、サザエ、お寿司、イカ飯とご馳走でした。
PICT2230.jpg

PICT2231.jpg

PICT2232.jpg

最後にイシダイで骨酒をしました。これまた香ばしくとてもおいしかったです。
PICT2237.jpg

次の先生にこのブログのことを話すと、「鳥は全然興味がないし、内容はがらりと変わるかもしれないけれど、週に一度ぐらいは冬の島の様子を書いていこうかな」とおっしゃっていました。

そういうわけでこのブログはまだ少しは続きそうです。
(どうなるかは全くの未定です)
僕は今、次なるブログを考えております。

鳥は今日は全然いないと皆さんおっしゃっていました。この時期にこんなに静かな日はめずらしいとベテランの方々が言っています。
後3日、変わった鳥みてみたいなあ。


もうすぐ5000
9月26日 晴れた日が続いていますが、風が強く、今日は定期船は欠航です。

4月から続けてきたこのブログですが、もうすぐアクセスカウンターが5000になります。
一日同じところから何回みても1しか増えない仕組みなので、延べ人数で5000人(ほとんどがリピーターです)が見てくれたことになり、とても感激しています。

もし、5000を記録した人がいましたら、コメント残してくれたらうれしいです。(今日はじめてみて5000だった場合です)

昨日は忙しく、鳥は見にいけませんでした。
情報ではマミチャジナイなどのツグミ系が入ってきているとの事です。
オジロビタキ、アカモズ
9月23日、24日ともに晴れ。ニューへぐらも欠航なしです。
この診療所での最後の週末です。

予想どうり多数のバードウォッチャーが来島し、春にお会いした方々とも再会しました。僕はもうバードウォッチングの世界に足を突っ込んでいるので、もう逃れられないよと笑いながら話していました。

僕は仕事の引継ぎや、掃除、お客さんの来島で、忙しい週末でした。

忙しい中、少し鳥を見れたので紹介しようと思います。
僕が見れた鳥はオジロビタキ、シマセンニュウ、コホオアカ、キセキレイ、アカモズ、キマユムシクイ、コサメビタキです。
チョウセンメジロ、キタヤナギムシクイもいたらしいですが、運悪く見逃しました。チョウセンメジロ見てみたかったなあ。あと少しで見られたらいいのに、、、。

写真を少し紹介します。
オジロビタキです。僕の好きなヒタキ系の鳥で、尾っぽが白いのが特徴です。
2006-09-23_00230.jpg

2006-09-23_00225.jpg

2006-09-23_00211.jpg

2006-09-23_00237.jpg

2006-09-23_00248.jpg

白いおしりがかわいいですね。

アカモズです。変わった鳴き声で鳴いていました。初め普通のモズかすごく迷ったんですが、ベテランさんに聞くとアカモズだと教えてくれました。
2006-09-23_00270.jpg

2006-09-23_00273.jpg

2006-09-23_00275.jpg

2006-09-23_00278.jpg

トリミングです。
akamozu.tri.jpg

モズの仲間は変わった格好をしているので、好きな鳥の一種です。春見ていらいの再会です。

シマセンニュウ(頭だけ)です。一緒に見ていた人の話では幼鳥ではないかとのことでした。恥ずかしがりやで顔を出してすぐ隠れてを繰り返していました。
2006-09-22_00203.jpg

2006-09-22_00202.jpg


やっぱり鳥の種類は増えてきました。秋の鳥は幼鳥が混じっているので鑑別がとても難しいです。でもそれがベテランさんの興味をくすぐるみたいですね。

たくさんのバードウォッチャーさんにこの島が終わっても鳥を見続けたらいいよと励まされました。
まだまだ初心者の域を脱出できないでいますが、やさしいバーダーさんにいろいろ教えていただき、鳥の魅力は十分わかった気がします。とても感謝しています。
時間があれば皆さんのように全国各地の鳥を見て回りたいところですが、まだまだ医者としても幼鳥なので、さらなる修行が必要です。この島の勤務が終わっても細々と何とか鳥を見続けられればいいなと思っています。

でも今は胸を張って言えるようになりました。
「僕の趣味はバードウォッチングです」

今週は引越しの準備で忙しそうです。
あと1週間、舳倉島を楽しみたいと思います。
キマユムシクイ、コホオアカ
9月22日 晴れ。
前の日は患者さんの搬送があって、輪島にとまりました。急患はやっぱり、いろいろと大変です。

今日は春にお会いしたバードウォッチングのみなさんが来島しました。久しぶりの再会がとても楽しく、鳥の鑑別も早くて、さすがベテランさんだなあと思いました。

9月21日に撮ったキマユムシクイ、コホオアカをのせます。

キマユムシクイです。翼に黄色い線が入っていて、頭の頭央線がないので、キマユムシクイだと思います。違ってたら指摘してください。
けっこう今の時期います。
PICT2020.jpg

PICT2021.jpg

PICT2022.jpg

PICT2023.jpg


コホオアカです。かわいい顔ですね。
PICT2036.jpg

PICT2038.jpg

20060923091253.jpg


今週末はバードウォッチングで盛り上がりそうです。
ムネアカタヒバリ?
9月20日 晴れ。昨日までの強い風もおさまり、2日ぶりに定期船ニューへぐらがやってきました。台風で輪島の方に行っていた島民の方々も戻ってきました。
海はかなりあれているようで、海女さんは沖休みです。

今日は天気がよかったので鳥を見ていました。
けっこういろんなとりがいました。
ムネアカタヒバリ?、キセキレイ、ムシクイ(動きが早すぎて判別できません)、カラスバト、ツメナガセキレイ、コサメビタキはみました。
来ていたバードウォッチャーさんがマミジロツメナガセキレイ、キマユツメナガセキレイ、キタヤナギムシクイがいたよとおっしゃっていました。

少しずつ渡ってきているみたいですね。
ムネアカタヒバリ?を写真に撮ったのでのせます。コヒバリにも見えるんですが、、。もしかすると普通のヒバリかもしれません。鑑別むずかしいです。サムネイルクリックで拡大します。
PICT1968.jpg

PICT1969.jpg

PICT1975.jpg

PICT1980.jpg

PICT1983.jpg


キセキレイのメスだと思います。
ややピンボケです。
PICT1991.jpg

PICT1997.jpg


動きの早いムシクイの頭だけ撮れました。
PICT2010.jpg


少しずつ鳥が来ていますね。にぎやかになりつつあります。ホトトギスはほとんど見なくなりました。ムシクイは本当に難しいですね。


台風13号過ぎる
9月19日 晴れ。台風13号は通り過ぎましたが、波が異様に高く(朝で約6m)もちろん定期船ニューへぐらは欠航です。
結局避難もなく、特に被害らしいものもありませんでした。冬場は低気圧が来るといつもこんな感じらしく、20mぐらいの風はよくあるといっていました。
今日も風は強く、外では波しぶきが舞っていてしばらくいると全身に潮が飛んでくる感じです。
PICT1959.jpg

PICT1963.jpg


もちろん海女さん達はお休みなので、診療所にチョコチョコやってきます。また一人の海女さんが昔の様子を話して下さいました。
「戦争当時は旦那さんが赤紙で取られて、5人の子供を育てるのに本当に苦労した。この島は食べ物には困らんかった。配給ではもちろん足りなかったが、魚やサザエ、アワビ、海草は海に行けばとれるし、米こそはできなかったが、イモ類、野菜などを畑で作って、ご飯代わりにして食べて生きた。5人の子供、両親の命を背負って海に潜るのはとてもきつかった。自分がとらなければみんな食っていけないという重圧の中、一生懸命潜った。それに比べれば今は豊かになった。でもいつ何時どんなことがおこるかわからん。あの時もそうだったが、災害や事故、病気はいつおこってもおかしくない。今もその気持ちはもって生きとる。5人の子供が立派に育って、本当に幸せだ。また海が終わった10月には子供のところに遊びに行くのが楽しみなんだ。今は遊びながら、海が好きだから潜っているんだよ。海水浴みたいなもんだ。ハハハハ。」
戦争当時の苦労はものすごかったんだと思います。この島でも戦争の影響は出て、その中で海女さん、漁師さん達は一生懸命生きていたんだなと考えさせられました。

さて、鳥ですが、風がとても強く飛べないみたいです。なので姿をあらわしません。もしかするといないのかもしれません。
ハクセキレイ、キセキレイ、コサメビタキ、サメビタキ、エゾビタキ、カワラヒワ、トビ、ウミネコ、イソヒヨドリは見かけましたが、他の鳥は見ませんでした。
17日にはキアオジがいたみたいです。僕もキアオジ見たさにがんばりましたが、ダメでした。
下から見上げたコサメビタキです。
PICT1941.jpg



あと10日になりました。なんだかとても寂しい気持ちになりつつあります。引越し、申し送りの準備をしつつ、時間を見つけて鳥を見に行こうと思います。

今日はトムちゃんがかわいいポーズをとっていたのでのせたいと思います。
PICT1952.jpg



台風13号接近
9月18日 台風13号の影響で朝から風が強く、外はピューピュー言っています。波もけっこう高いです。もちろん定期船ニューへぐらは欠航です。雨がたくさん降るものだと思っていたら、フェーン現象で真夏のような暑さになりました。

日中は風もさほどなく、台風も北に少しずれたので、落ち着いていました。島民が言うには、20mぐらいの風は冬場になると毎日だからたいしたことないわ。台風はもういってしまったようなものや。よかったよかったといっていました。

夕方6時ごろになりまた風がとても強くなってきました。ビュービュー言って、少し外に出てみると、波がすごく高くて、防波堤にしぶきを上げてぶつかっています。こんなに高い波は初めてみました。
やっぱり結構台風の力はすごいんだと思いました。
PICT1932.jpg

PICT1933.jpg

PICT1936.jpg

PICT1940.jpg


結局暗くなったので、避難は今のところありません。でも、風はかなり吹いています。明日もかなり波は高そうです。ニューへぐらはまず無理でしょう。このまま被害が出ずに、過ぎてくれることをねがっています。


台風13号
9月17日 くもり。台風13号の影響があるかと思ったら、意外に遅めの台風みたいで、まだそれほど波や風に影響はありませんでした。海女さんも午前中に出漁し、定期船もやってきました。ただ天候だけは誰にもわからないので、島の人は昨日あたりから台風の為に、屋根にロープを載せたり、窓を補修したり、船を完全に上げたりして、いろいろと準備をしています。
この島の家屋は木造で、小さな家が多く、台風になると倒壊する可能性があります。島に来た人はわかるでしょうが、窓を木で貼り付けてあったり、屋根に太いロープが置いてあるのはそのためです。この島は平らな島なので突風などを遮るものはなく、直接風の被害を受けます。なので、島民は台風の対策はとても入念に行っています。
PICT1916.jpg

PICT1915.jpg
 
今日は診療所だよりという月一回発行している新聞を一軒一軒配って歩きました。この新聞配りも最後になると思うと少し寂しい感じがします。
歩きながら、鳥を見て回りましたが、あまり発見できませんでした。コサメビタキ、エゾビタキ、ホトトギスぐらいでしょうか?

光の関係(逆光)で少しわかりにくいホトトギス(赤色型)です。
PICT1863.jpg

各地でけっこうな被害がでているとのことです。明日9月18日は舳倉島にけっこう近づくようです。
ひどい場合は、この診療所の建物、(舳倉島開発センター)が避難所になります。

ブログを見て下さっている方も、天気予報を見ながら、能登半島の少し上の方を見てもらえるとうれしいです。

何事もなく、台風が過ぎ去ってくれることを祈っています。

教えてください
9月15日 晴れ。風は強いです。今日は出漁しました。

9月はほとんどがしけで沖休みです。わずかな出漁に気合をいれて獲物をとりに行きます。

昨日は島の人の家におよばれしてきました。はたはたの煮つけや、カンパチのお刺身などご馳走になりましたが、本当にこの島の魚は新鮮でおいしいです。臭みが全然なく、プリプリした食感は最高です。

島の人と話していると、どこの職場にいっても常に謙虚に、患者さんに耳を傾けてがんばって欲しい、いろんな人から好かれるように、それが一番だぞと励まされました。

この島の人は本当に優しい人達です。言葉は海女町の言葉で少しきつい部分もありますが、お互いのことを思いやり、尊敬しあって生きています。
医師が半年サイクルで変わるのにも、特に文句を言う人はおらず、逆に医者の勉強から遅れるとか、こんなところにずっといたらだめだとか、僕らの未来のことを心配してくれます。

この島で医師をやっていて思うのは、僕らが思っているより、患者さんが病院に行くまでのハードルが高いということです。

どこに行けばいい、どのように受診すればよいかわからない。
高齢の為、目もよく見えないし、耳もよく聞こえないし、、。

子供の頃、高熱のまま病院に行ったけれど、受診の仕方がわからず、そのまま寝ていて、ほったらかしにされた。それ以来、病院は大嫌いになったなど、教えてくれました。

その点、この診療所はいいみたいです。行けば見てもらえるという安心感が病院には一番必要なのかもしれません。

島の人と話していると、患者さんの思っていること、医師として気をつけなければならないことを会話の中で教えていただいているような気がします。あと少しの島勤務ですが、島の人から貴重な話をきいて、いろいろ教わっていこうと思います。そして、少しでも役に立てればと思っています。

さて、鳥は昨日は忙しく、ほとんど見れませんでした。まだホトトギスはたくさん飛んでいます。
キセキレイもけっこういるように思います。

今、鳥の写真をまとめた写真集を作ろうと思い、鳥の写真を整理しているところなのですが、名前のわからない鳥が2羽います。もしよければこのブログを見てくださっている方々に教えて頂ければと思いまして、写真をのせます。
少しでもヒントがもらえればうれしいです。

4月29日に見られた鳥です。大きさはホオジロぐらいです。
場所は観音堂から恵比寿神社に行く間ぐらいです。
PICT0560.jpg

PICT0561.jpg

PICT0562.jpg


ホオジロ系かなと思っているのですが、、。

2羽目は5月2日にみられたものです。場所は同じく観音堂と恵比寿の間です。大きさはヒタキぐらいです。
PICT0228.jpg

PICT0226.jpg

図鑑で見てもさっぱりわかりません。
2羽ともそこそこに取れているので、わかればいいなと思いのせてみました。ご存知の方おられればおしえてください。お願いします。

台風13号の進路が気になります。日本海には確実にきそうなので、なんらかの影響があるかと思います。

ツメナガセキレイ
9月13日 曇り 久しぶりに出漁です。約1週間海が荒れていて海女さん達はずっと沖休みでした。
その間、診療所はけっこう忙しく、バタバタしていました。
海女さんたちも海に行かないと体がおかしくなるらしく、早く行きたくてたまらないと言っていました。

やはり海の仕事は天候や波の様子などにすごく影響されます。島にたくさんの神社があったり、祭りのときにすごく神様を大切にしたりする理由はやっぱり相手が自然だからだと思います。次の日仕事できるかどうか、魚や貝がとれるかどうかは神様の機嫌次第といったところがあるのでしょう。

僕もこの島に来てから、神様にお参りすることが多くなりました。神社によるたびにお参りしています。

さて、鳥の話です。

今日はツメナガセキレイを目撃しました。ハクセキレイにけっこう似ているので、わかりにくいですが印象として「スマート」ですね。キセキレイもいました。
他にもたくさんきています。コサメビタキ、サメビタキ、エゾビタキはたくさんいます。
ツツドリ、ホトトギスのトケン類も島1周するとかなり見られます。

写真をいくつか載せます。クリックで拡大します。

エゾビタキです。サメビタキ、コサメビタキより、多い感じがします。
PICT1829.jpg

PICT1804.jpg


キセキレイです。(多分)
ハクセキレイに少し黄色が入るだけなのに綺麗に見えます。
PICT1830.jpg

PICT1832.jpg

トリミングです
PICT1832tri.jpg


ツメナガセキレイです。なんだかスマートで可憐な感じがします。
PICT1839.jpg

PICT1841.jpg

PICT1840.jpg


12,13日と大学の後輩が遊びに来てくれました。彼らは石川県ではないのですが、僕と同じく、地域医療に従事します。学生に戻った気分で、夜遅くまで熱く語りあいました。
記念写真を載せておきます。
PICT1820.jpg


離島
9月10日 雨 時化続きで、海女さんたちは海に出られません。
この週末は私の私用(友人の結婚式)で離島していました。代診の先生に来島していただき、離島することが出来ました。

たまたま、本屋であった研修医時代の友人と話していると、このブログを楽しみに読んでくれているとの事。とてもうれしかったです。久しぶりに再会した小学校の友人も見てくれてるとの事でした。
「鳥の写真ばっかりで診療所の写真とかが全然ないやんけ」といわれましたので、近いうちにアップしようと思います。

離島中、特に何もなかったようで、よかったです。帰ってきてなんだかほっとしました。

私の勤務も残すところ3週間となりました。次の先生への申し送りを作りながら、鳥も見つつ、一日一日を楽しみたいと思います。

さて鳥情報ですが、いろいろ来ているみたいです。イワミセキレイ、アカマシコ、コルリ、ツツドリ(赤色型)、キアオジなどなどバードウォッチャーに聞いたところ、40種類ぐらいいるとの事です。
時間を見つけて、また見に行こうと思います。


イワミセキレイ、エゾセンニュウ
9月5日 朝から強風です。海もかなりしけていて、もちろん海女さん達は今日はお休みです。沖休みとなると診療所は忙しくなります。久しぶりに定期船ニューへぐらは欠航しました。

昨日、春の時に出会ったバードウォッチャーの人が来島しました。久しぶりに再会し、いろいろ話を聞いていると、けっこう鳥が増えてきているようです。

ツツドリ、メボソムシクイ、コサメビタキまでは確認していたのですが、今日アカゲラ、ウグイスがいたとおっしゃっていました。そして、ついさっき水場でイワミセキレイやエゾセンニュウをみたとのことです。

やっぱり見る人がみると違うんだなあと改めて思いました。
そして、しっぽを横に振るイワミセキレイがどうしても見たくなって、仕事の合間に待っていました。

待っていると姿を見せてくれました。
シマセンニュウは見たことあったのですが、エゾセンニュウは初めてです。シマセンニュウ見た時の記事です。
http://hegura.blog60.fc2.com/blog-entry-55.html

エゾセンニュウは色がしっかりしている印象でした。横にバードウォッチャーがいてくれましたので、わかりましたが、自分がはじめてみたのでは多分区別つきません。

尾っぽを広げてポーズをとってくれました。写真クリックで拡大します。
PICT1484.jpg

トリミングです
PICT1484tri.jpg

PICT1488.jpg

かわいらしいですね。

それからしばらく待っているとイワミセキレイが姿を見せてくれました。セキレイと言えばハクセキレイのイメージでしたが、イワミセキレイはなんともかわいい感じでした。第一印象はヒタキ系に似ていると思いました。羽の模様も特徴的ですごくきれいでした。
ハクセキレイは尾っぽを縦に振るのですが、イワミセキレイは横に振ります。何度も水浴びをしてけっこう長い間動き回っていました。写真のせます。少しぶれています。
PICT1491.jpg

PICT1505.jpg

PICT1509.jpg

PICT1532.jpg

PICT1552.jpg

PICT1559.jpg

PICT1564.jpg

イワミセキレイ、エゾセンニュウともになかなか見られない鳥らしく、とってもラッキーでした。やっぱり初心者は横にエキスパートがいるととてもありがたいです。

他にも今日はチョウゲンボウ(多分普通)、ウグイス、メボソムシクイ、ツツドリをみました。
いよいよシーズンインです。
ちなみに今日一緒にいた人に聞きましたが秋の鳥は囀らないようです。もう鳴く必要がないらしいです。
鳥の声がしないバードウォッチングは春とまた違う感じがします。
珠洲、輪島
9月4日 晴れ。まだまだ暑い日が続いています。

9月2日、3日ととても天気がよく、すばらしく見晴らしが良かったです。島から本土がよく見えました。日によってはこれぐらい見えることはしばしばあります。

珠洲、輪島がすぐそばにあるような感覚でした。条件がすごくいいときは立山が見えることもあると島の人は言っていました。

こうやってみると、近い感じがするんですけどね。(写真はクリックで拡大します)
こちらが珠洲方面です。
PICT1426.jpg


こちらが輪島方面です。手前に見える島は七つ島です。
PICT1425.jpg

PICT1428.jpg


昨日、最近見ない鳥をみつけました。でも種類がよくわかりません。
図鑑で見ていると、オオジュリンやコジュリンの冬羽のように思えるのですが、見たことないのではっきり言えません。
どなたかわかる方みていらしたら、教えてください。お願いします。
トリミングと一緒にのせます。
PICT1442.jpg

PICT1442tri.jpg

PICT1445.jpg

PICT1447.jpg

PICT1447tri.jpg


鳥が少しずつ増えてきました。ツツドリはスイスイ飛んでいます。しかし全然なきません。秋だからでしょうか?
海女の限界
9月1日 晴れ。海は少ししけています。でも海女さんたちは潜っています。
いよいよ最後の月になり、慢性疾患(高血圧、糖尿病、高脂血症など)の患者さんには月に一回の受診が普通なので、最後の受診になる人もおいです。少し寂しい気もしながら、今日の診療をしていました。

みなさん次の勤務先のことなど心配してくださり、本当に皆さんから支えられてきたんだと実感します。

その内の一人の患者さんが、今年で海女をやめようかと思っていることを相談してくれました。体力が続かなく、かなり体に負担がかかっていたみたいです。去年まで潜れていたところが潜れなくなり、海から上がった時のだるさが昨年よりもきつくなったそうです。

海女さんは基本的に定年などないため、自分の限界、もしくは病などで続けられなくなった時、その他、家庭の事情などで続けることが出来なくなれば引退です。

ぼくが半年で感じたのは60歳ぐらいまではバリバリ働きます。70歳ぐらいになると皆さん膝、腰痛、潜る距離が少なくなる、疲れやすくなるなどの体の限界、年齢による自分の能力の衰えを感じます。80歳を越えて海女が出来る人はかなり少数です。

自分の引退は自分で決めなくてはなりません。潜ればとれるのはみなさんわかっているのです。しかし、体がついていかないのでしょう。
僕の見た目にも、体に鞭を打って働いている海女さんが多いです。
 
きっと海女さんたちは一年一年が来年も潜れるのかという不安の中で潜っているのだと思います。今回相談してくれた海女さんもきっといろいろとなやんだと思います。昔の話などいろいろと楽しそうに聞かせてくれました。

僕は何もいえなかったけれど、あと1ヶ月たってその海女さんが輪島に帰る時に本当にお疲れ様でしたと声をかけたいです。(僕はその時もういないかもしれませんが、、)
ツツドリかな、カッコウかな
8月31日 晴れ。いよいよ8月も終わりです。
まだ暑い日が続いていますが、確実に日は短く、夕方、朝は涼しくなっています。

久しぶりにゆっくりとバードウォッチングしました。はじめはいつものメンバーだなと思いましたが、何種類か渡ってきたと思われる鳥がいました。
いくつか紹介します。

トケン類が2羽いました。ツツドリなのか、カッコウなのかわかりませんが(僕はまだ鳴き声でしか判断できません(泣))、確かにいます。
スイスイ飛んでいます。
トリミングと一緒にのせます。
PICT1410.jpg

PICT1410ty.jpg

PICT1409tr.jpg

PICT1411tr.jpg

PICT1388.jpg

鳴いてくれればいいんですけど、、。カッコウか、ツツドリかわかりません。

コサメビタキもいました。やっぱりヒタキ系はかわいいですね。
PICT1386.jpg

PICT1381.jpg

PICT1381tr.jpg

最近入手したレフレックスレンズでとったのでリングボケがたくさん出ています。

ムシクイがいました。
動きが素早く、同定するのは不可能でした。キマユムシクイでしょうか。
PICT1401.jpg

PICT1401tr.jpg

PICT1402.jpg


おまけにカワラヒワをのせます。よくみるとカワラヒワもかわいいですね。最近たくさんで群れています。
PICT1420.jpg

PICT1419.jpg


鳥が少しずつ増えてきそうな気がします。
僕の舳倉島勤務もあと1ヶ月です。島生活1ヶ月満喫したいと思います。

最後に久しぶりのメリーちゃんです。
PICT1374.jpg

かわいいですね。最近夏バテ気味です。


プロフィール

shingo takagawa

Author:shingo takagawa
住所 〒928-0072 石川県輪島市海士町所属舳倉島出邑山1-4 舳倉診療所
TEL:0768-22-7500
FAX:0768-22-7509
mail: lovelyhegura@yahoo.co.jp

This blog started in April, 2006. I am the 19th author.



About Hegura island

舳倉島について知りたい方は、カテゴリーの「島内ツアー」をクリックしてください。



カテゴリー



アクセスカウンター



いま見ている人は



最近の記事



過去ログ +

2018年 10月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【26件】
2012年 05月 【27件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【26件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【28件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【9件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【16件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【8件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【9件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【7件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【14件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【11件】
2008年 03月 【25件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【25件】
2007年 12月 【25件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【8件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【11件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【17件】
2006年 08月 【10件】
2006年 07月 【14件】
2006年 06月 【15件】
2006年 05月 【24件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【1件】



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント(記事毎)+



ブログ内検索