FC2ブログ
舳倉島診療日誌
臨床研修を終えたばかりの新米医師が毎年半年交代で赴任する舳倉診療所。温かい島の人々に囲まれてのんびりすごす島の暮らしを綴りたいと思います。
23.海女とチアマイ
2011-10-27 07.39.36

こんばんは。

今日は気持ち良い快晴で、久しぶりに船もやってきました。

足止めを食らっていた島民も無事、たくさんの荷物と共に帰ってきました。

鳥達も飛び回っていますが、BWの方、いかがでしょうか。



足止めを食らっていた3日分の新聞を読み返していると、

輪島の海女の記事が載っていました。

2011-10-27 13.32.35

なんでも岐阜で海女を特集する企画があるのだとか。

へぐら島にいる方々の顔も写っていて、なんだか嬉しくなりました。

今週の土日に開かれる催しに、輪島の海女が特別招待されるそうです。

現在の産業や、被災地への発信となるのでしょうか。



さて、皆さん、『チアマイ』という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

医学的には、『パニック障害』という名前になります。

突然生じて10分以内にピークを迎える動悸や過呼吸などの症状で、

一度起こると、今度いつ起こるのだろうと不安になったり(これを予期不安と言います)、

いつ起こるか分からない恐怖のために、たくさん人がいるところへは出れなくなったり(広場恐怖)、

強い不安を伴う疾患として、海女に浸透しています。



海に潜るという行為には、長年従事している海女でも強い不安が生じます。

中には、この『チアマイ』の発作に悩まされている人もいます。

それを抑えるために、抗不安薬と呼ばれる薬を飲んでいる方が多いのですが、

この薬は漫然と使っていると、耐性といって効きにくくなったり、依存が生じてしまうこともあります。

いきなり止めると、それによる弊害に悩まされることもあります。



こういったパニック障害には、抗うつ薬と呼ばれる薬を使うと良いのですが、

この薬は即効性がないため、すぐに効く抗不安薬を併用する、

または抗不安薬で様子を見ることが多いのが現状です。

日本では耐性を生じる抗不安薬を海外に比べ多く用い、臨床的に問題になっているケースが後を絶ちません。

これは、精神科以外の非専門医が、抗うつ薬よりは抗不安薬を用いるのに抵抗がなく、

第1選択として、抗不安薬を使い、それを止めるタイミングを考えず、漫然と使い続けている背景があります。



抗うつ薬には耐性はほとんどないと言われており、

この『チアマイ』と診断できる人には、そういった類の薬を安全に使用した方が良いと考えています。

これを非専門医がやるべきでないという偏見があることが、現在の医療問題を悪化させています。

島民が精神科を受診することなど、滅多なことではありませんし、

かといって、これを放置してもいいものかという疑問さえ残るような気がします。



ただ、若い人にはactivation syndromeと呼ばれる、難しい問題も抱えるため、

治療介入する場合は、繰り返し、適切な評価が必要と考えます。



最近、精神科領域の本を読むことが割合的に多くなっています。

これは、へぐら島に住む、多くの海女に共通する問題なのではないかと考えているからです。



というわけで、抗不安薬を内服している島民に、

パニック障害の診断基準にある13の症状を問診し、

どれだけの人が診断基準を満たすのか、調査しています。

13のうち、4つが該当すれば、診断確定することが出来ます。

スコアを見ると、3点なんていう怪しい人がやっぱりいます。

しぱらく続けてみようと思います。

適切な介入で、チアマイで悩んでいる人が海に戻れるお手伝いが出来たらと思います。


2011-10-27 17.23.38

今日はイカの刺身とイカのバター炒めを作っていただきました。

バターはイカに最高に合いますね!!



11月に入るとインフルエンザの予防接種が始まります。

そろそろ診療所だより11月号を配って回ろうと思います。


プロフィール

Takuya Suda

Author:Takuya Suda
住所 〒928-0072 石川県輪島市海士町所属舳倉島出邑山1-4 舳倉診療所
TEL:0768-22-7500
FAX:0768-22-7509
mail: lovelyhegura@yahoo.co.jp

This blog started in April, 2006. I am the 19th author.



About Hegura island

舳倉島について知りたい方は、カテゴリーの「島内ツアー」をクリックしてください。



カテゴリー



アクセスカウンター



いま見ている人は



最近の記事



過去ログ +

2018年 12月 【1件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【1件】
2017年 04月 【1件】
2017年 03月 【1件】
2017年 02月 【1件】
2016年 11月 【1件】
2016年 10月 【2件】
2016年 07月 【2件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【1件】
2016年 02月 【1件】
2016年 01月 【2件】
2015年 12月 【2件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 07月 【1件】
2015年 06月 【1件】
2015年 05月 【1件】
2015年 04月 【1件】
2014年 10月 【1件】
2014年 09月 【1件】
2014年 08月 【1件】
2014年 07月 【1件】
2014年 06月 【1件】
2014年 05月 【2件】
2014年 04月 【3件】
2014年 03月 【3件】
2014年 02月 【2件】
2014年 01月 【1件】
2013年 12月 【1件】
2013年 11月 【2件】
2013年 10月 【2件】
2013年 09月 【2件】
2013年 08月 【3件】
2013年 07月 【6件】
2013年 06月 【3件】
2013年 05月 【8件】
2013年 04月 【7件】
2013年 03月 【1件】
2013年 02月 【1件】
2013年 01月 【3件】
2012年 11月 【3件】
2012年 10月 【2件】
2012年 09月 【3件】
2012年 08月 【2件】
2012年 07月 【5件】
2012年 06月 【26件】
2012年 05月 【27件】
2012年 04月 【26件】
2012年 03月 【26件】
2012年 02月 【24件】
2012年 01月 【23件】
2011年 12月 【24件】
2011年 11月 【30件】
2011年 10月 【28件】
2011年 09月 【5件】
2011年 08月 【6件】
2011年 07月 【5件】
2011年 06月 【9件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【16件】
2011年 03月 【7件】
2011年 02月 【5件】
2011年 01月 【8件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【7件】
2010年 10月 【12件】
2010年 09月 【14件】
2010年 08月 【11件】
2010年 07月 【11件】
2010年 06月 【19件】
2010年 05月 【12件】
2010年 04月 【14件】
2010年 03月 【9件】
2010年 02月 【4件】
2010年 01月 【4件】
2009年 12月 【6件】
2009年 11月 【8件】
2009年 10月 【16件】
2009年 09月 【3件】
2009年 08月 【4件】
2009年 07月 【4件】
2009年 06月 【5件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【5件】
2009年 02月 【4件】
2009年 01月 【7件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【14件】
2008年 09月 【1件】
2008年 07月 【5件】
2008年 06月 【2件】
2008年 05月 【6件】
2008年 04月 【11件】
2008年 03月 【25件】
2008年 02月 【29件】
2008年 01月 【25件】
2007年 12月 【25件】
2007年 11月 【30件】
2007年 10月 【29件】
2007年 09月 【11件】
2007年 08月 【8件】
2007年 07月 【11件】
2007年 06月 【10件】
2007年 05月 【11件】
2007年 04月 【15件】
2007年 03月 【1件】
2007年 02月 【1件】
2006年 11月 【1件】
2006年 10月 【1件】
2006年 09月 【17件】
2006年 08月 【10件】
2006年 07月 【14件】
2006年 06月 【15件】
2006年 05月 【24件】
2006年 04月 【22件】
2006年 03月 【1件】



リンク

このブログをリンクに追加する



最新コメント(記事毎)+



ブログ内検索